カードローン

最近のカードローンは即日融資なのが一つの売りとなっています。
通常なら融資をしてもらうのに、その日にお金を貸してもらえることなんてありません。
しかしカードローンではより高い利便性を求めて、消費者が借りやすい体制を整えています。
今はそれを適えるだけの技術もあるため、以前は不可能だったことも可能となりました。
実際、突然の出費の時にはぜひ活用したいと思っている人も少なくはないでしょう。
カードローンの即日融資は誰でも受けることができますが、ただしいくつかの条件をクリアしておかないとカードローンの契約自体は有効でもその日に融資してもらえるかどうかは一概ではありません。

予め条件を把握し、スムーズに融資が受けられるようにしたいですね。

条件について

cardloan1まず一つ目の条件が、即日融資を可能としている金融会社を活用することです。
一般的になってきたサービスとはいえ、全ての金融会社で導入しているわけではないので、きちんと金融会社を選択しましょう。
二つ目の条件が、インターネット及び無人契約機のいずれかから申し込みをすることです。
即日融資の決め手となるのは審査時間のスピードです。
ここに手間取ってしまうと融資は翌日以降になってしまいますので、申込みをしたらすぐに審査に移ることができるインターネットもしくは無人契約機からの申込みに限られています。

利用者が多いのはインターネットですね。
ネット環境があれば、いつでもどこからでも申込みが可能です。
三つ目の条件が、申し込みの締め切り時間を守ることです。
残念ながら即日融資は365日24時間可能というわけではありません。
インターネットからの申込みの場合、実際の融資手段は銀行振り込みになります。
利用限度額の範囲でいくら借りたいのかを申し出れば、指定の口座へその額を振り込んでもらえるというシステムです。
ということは、銀行の営業時間までに融資額を振り込めるようにしなくては、その日の内に融資とはなりません。
それを考慮して、12時~14時までの間で指定していることが多くなっています。

平均としては14時締め切りが最も多いようですが、各社で締め切り時間は異なりますので事前に確認しておきましょう。
ちなみに、締め切り時間までに申し込みから審査の結果の連絡を受け、身分証明書の確認までを終えておく必要がありますので、審査時間は余裕を見て1時間としても締切の1時間30分くらい前までにはネットからの申込みを完了させておきたいですね。

ただ、無人契約機ならインターネットからの申込みよりも締め切り時間が遅くなっているので、ネット申し込みが不可能だったら無人契約機を使うというのも手です。
こちらは、17時あたりから1日が終わるギリギリまで締め切り時間を設けている会社もあるようですので、かなりの確率でその日に融資が受けられます。
申込みミスがあると手間取ってしまいますので、申込みの時には確認を怠らず正しい情報で申込みをするようにしましょう。